育毛ケアは、まずは正しい洗髪法から・・・

 

抜け毛が多くなり、髪が薄くなってくると、その対処法として育毛剤の使用を、まず最初に考える方が多いと思います。

確かに、育毛剤に配合されている成分が、毛母細胞や毛乳頭を活性化して育毛を促し、効果的なケアとなりますが、その前に、自分の洗髪法を見直してイキイキとした健康的な髪が育つような頭皮環境を整えることが大切です。

多くの方が勘違いして、毎日の洗髪は「髪を洗うもの」と思い込んでいるようですが、実は、髪の毛をイキイキと育てる土壌である頭皮を洗うものなのです。

「洗髪」という言葉が、髪を洗うということなので間違えるのもしょうがないですが、頭皮を清潔にするという意識で洗髪するように考え方を変えましょう。

このように、間違った意識で洗髪すると、正しい洗髪法ができていないため、頭皮が清潔に保たれずに、余分な皮脂や古い角質、フケ、ホコリなど、さまざまな汚れが残り、頭皮環境が悪化して髪に悪影響を及ぼすようになります。

さまざまな汚れが残り、不衛生な状態の頭皮は、毛穴を詰まらせて抜け毛発生の原因を作り、また、血行が悪くなった頭皮は、髪が必要とする栄養素や酸素が毛根まで行き渡らなくなるので、当然、髪が育たなくなってしまいます。

まずは、洗髪は、頭皮を洗うという意識を持って、清潔な頭皮環境が保てるように正しい洗髪法を身に付けましょう。

例えば、頭皮のベタつきや匂いが気になって、1日に何回も洗髪する方がいらっしゃいますが、洗い過ぎは、頭皮の皮脂膜を取り過ぎてしまい、逆に余計な皮脂を多く分泌させることになってしまいます。

洗髪の頻度は、1~2日に1回で十分です。

そして、洗髪に使用するシャンプー剤にも注意が必要です。

どうしても、テレビCMなどで知名度があるものや、髪の毛の指通りがよくなるなど洗い上がりを優先してしまいがちですが、自分の頭皮に合ったものを選ばなければなりません。

中でも、さまざまな汚れを洗い流すために多くのシャンプー剤に配合されている洗浄成分の界面活性剤には十分に注意が必要です。

特に、洗浄力が強く泡立ちをよくするための石油系合成界面活性剤は、頭皮への刺激が強く、髪のトラブルを引き起こす恐れがあります。

ドラックストアーやスーパーなどで安価で売られているシャンプー剤に多く含まれているので、しっかりと成分表示を確認して購入するようにしましょう。

また、髪の毛のツヤを出し、手触りをよくする成分に、シリコンがありますが、このシリコンは、頭皮に刺激を与えるだけでなく、毛穴を詰まらせて抜け毛を促進する恐れがあるので、抜け毛に不安がある方は、ノンシリコンのシャンプー剤をオススメします。

 

 

健康的で若々しさは基礎代謝量にかかっている!

 

40歳を過ぎた頃から、体型が変化して体力が低下し、肌はシワやたるみ、髪の毛は細くなったり、白いものが混じったりと、老化を自覚するようになります。

若い頃は、スレンダーな体型で姿勢も良く、お洒落な服装でサラサラのヘアーをなびかせて颯爽と歩いていた姿も、年齢を重ねるとともに40歳~50歳代になった頃には、体脂肪が溜まったお腹はポッコリと出て、背中は丸まって姿勢が悪くなり、顔も丸くなり、完全な中年体型になって老化してしまうわけです。

ですが、中には、少し離れたところから見てみると、スレンダーで姿勢も良く、まだまだ30歳前後ではないか、という気配を漂わす人もいらっしゃいます。

確かに遺伝的な要因から、20歳代から老けて見えたり、逆に若く見えたりする人もいらっしゃいますが、40歳~50歳代になっても見た目年齢が若く、実際に若々しく元気に活躍している人をよく見かけます。

それでは、このような老化の差は、いったい何なのでしょうか?

理由はいろいろ考えられ多くの要因が挙げられるでしょうが、最も大きく影響されるのが「筋肉」です。

学生時代や20歳代の頃に、いろいろなスポーツにチャレンジして体を鍛え、筋肉ムキムキのマッチョな体でも、その後、これと言った運動をなにもせず過ごしていると、筋肉は徐々に衰え減少してしまいます。

一般的に、人の筋肉は30歳くらいでピークを迎え、その後は徐々に衰えて、40歳~50歳代に達した頃には、さらに、そのスピードはアップしてしまいます。

特に若い頃から運動が苦手で、体を鍛えることが無かった・・・という人は、40歳~50歳代に達した頃は、老化によって本当に少ない筋肉量ということになってしまいます。

実は、この筋肉は、基礎代謝量と深い関係にあります。

そして、「老けこむ人」と「若々しい人」の違いは、この基礎代謝量の差にあるというわけです。

基礎代謝量が高ければ、健康的で太りにく体になり、肌のシワやたるみ、白髪といった老化現象を少しでも遅らせることができて、若々しさを保つことができるようになります。

基礎代謝とは、人が生命を維持するために最低限必要なエネルギー消費のことで、体温を保ち、呼吸をして、血液を循環させたり、内臓を働かせたり、脳が考えたりする時に消費されるエネルギーです。

この基礎代謝量は、10歳代でピークになり、それ以降は基礎代謝の機能が低下して基礎代謝量は徐々に低下していきます。

ですが、体内で最も多く基礎代謝が消費される器官は筋肉になりますので、筋肉量をしっかりと維持できれば基礎代謝量の低下の速度を遅らせることができます。

ようするに、中年になっても、筋力トレーニングで筋肉を鍛えるようにすれば、基礎代謝量をある程度維持できるということです。

筋肉については、50歳を過ぎても遅いということはありませんので、さっそく筋力トレーニングを始めてみましょう。