matusan のすべての投稿

ダイエットを成功させるには継続と基礎代謝量が大切!

 

女性なら誰でも一度は「憧れのモデルさんや芸能人のような美しいボディになりたい・・・」と考えたり、ダイエットにチャレンジしたりしたことがあると思います。

しかし、「美しい美ボディをゲットしたら、芸能人のようなお洒落をしたい・・・」などと思いを込めてダイエットを始めても、途中で諦めて挫折してしまったり、一時的に痩せても、リバウンドで元の体重に逆戻りし、結局は失敗に終わるという方は少なくないというダイエットの現実です。

そもそも激しくて単調なトレーニングや辛くてつまらない長時間の有酸素運動、それに、無理な食事制限・・・ など、このような不快を感じて我慢を必要とするような方法は、決して長く続けることができませんし、たとえ一時的に痩せたとしても、止めた途端、あっという間にリバウンドで元の体重に逆戻りしてしまいます。

特に、無理な食事制限や断食をするようなダイエット法は、太りやすい体質になるためリバウンドに陥りやすくなり、ストレスの影響でドカ食いするような過食症になり、それでも無理して続けると健康面や美容にも悪い影響を及ぼしますので注意が必要です。

また、ウォ-キングやジョギングなどの有酸素運動は時間的な余裕が必要で、忙しい毎日を過ごし、常に時間に追われているような人は、スケジュール調整が難しくて続かなくなり、結局は諦めることになってしまいます。

ダイエットを成功させるには“継続”が大切です。

それには、毎日の生活習慣の中で簡単に行えて、無理なく長期に継続できる方法でなければなりません。

ですが、「なんとか短期間で早く痩せたい・・・」という思いが強いと、つい、テレビなどで大々的に宣伝している流行のダイエット法などに飛びついてしまいます。

「短期間であっという間に痩せられる・・・」「○○を飲むだけで楽に痩せられる・・・」などという甘い言葉に惹かれて、魔法のようなダイエット法を求めてしまうわけです。

実際、そんな魔法のようなダイエット法なんて存在しませんし、短期間で体重が落とせたとしても、必ずリバウンドが襲ってきます。

健康的で確実に痩せるためには、まずは、基礎代謝量を高めてリバウンドしにくく痩せやすい体を作ることで、これはダイエット法の基本になります。

大澤美樹

基礎代謝量とは、呼吸をしたり、心臓や内臓を機能させたり、髪や肌を新しく変えたり、体温を保つための調整をしたり、人が生きて生活をしていくための最低限必要なエネルギーのことで、寝ているときや何もしないで、じっとしているときも消費されています。

この基礎代謝量が高ければ、1日の消費カロリーも多く、食事で摂取したカロリーを消費し、さらに、体脂肪もエネルギーとして消費するようになります。

この基礎代謝量を、毎日の生活習慣の中で、無理なく、いかに高めるかが、ダイエット成功のカギとなります。

 

それぞれの肌、それぞれのスキンケア~エイジングケア~

 

お肌のエイジングケアとして、高価な化粧品を使用したり、高級エステに通ったりと多くのお金と時間を費やしている女性は多くいらっしゃいます。

しかし、肌は年齢や季節、食事や睡眠など少しの変化でも敏感に反応する部分です。

それぞれの肌に合ったスキンケアをすることがとても大切で、そのようなスキンケアを地道に続けていれば必ず悩みは改善されます。

ずっと同じケア方法ではなく、その時の状況に応じてケアをしてあげるのが大切なわけです。

今回はエイジングケアについてご説明したいと思います。

まずは年齢を重ねることで起きる肌トラブルを挙げていきましょう。

シミ、しわ、たるみ、聞くだけで気持ちが沈んでしまいます。

ではどのようにケアしたらいいのか一つずつ見てみましょう。

 

☆ シミ

予防としては紫外線を極力浴びないようにすることです。

日焼け止めはもちろん、日傘や手袋なども欠かせません。

あとはビタミンCを摂取することでシミの抑制になります。

オススメの食材は、ピーマン、パセリ、ブロッコリー、いちご、キウイ、レモン、などです。

できてしまったものに関してはシミ専用のケアクリームやサプリを摂取して薄くする努力をしましょう。

ちょっとした外出の時でも、必ず、帽子をかぶり、日傘を使うようにしましょう。

冬の時期や曇りの日でも、紫外線は1年中、地上に降り注いでいます。

 

☆ しわ、たるみ

しわ、たるみの大元の原因は乾燥です。

乾燥を防ぐためには肌にきちんと水分と油分を与え、しっかり保湿することが大切です。

また、スキンケアの基本となる洗顔やクレンジングについて、見直してみることも必要です。

そして肌作りのもととなるタンパク質と、抗酸化作用をもつビタミンA、ビタミンEをたっぷり摂取しましょう。

ビタミンAはウナギ、小松菜、ニンジン、春菊、カボチャ、ホウレン草、ニラなどに多く含まれています。

ビタミンEはアーモンド、タラコ、アユなどに多く含まれています。

顔の筋肉をしっかり動かして鍛えることも重要です。

口を大きく動かして口元の筋肉を刺激することでほうれいせんの改善、予防をすることができます。

 

年齢を重ねれば肌も変化するのは当然です。

ですが諦めずにケアすることで、良い状態を維持することは可能です。

化粧水や保湿クリームなどの基礎化粧品をエイジング用に変えたり、保湿する回数を増やすことで劇的に改善される人もいます。

何が今の自分の肌に合うのか、実際にいろいろと試してみるのが良いでしょう。