Monthly Archives: October 2016

健康的で若々しさは基礎代謝量にかかっている!

 

40歳を過ぎた頃から、体型が変化して体力が低下し、肌はシワやたるみ、髪の毛は細くなったり、白いものが混じったりと、老化を自覚するようになります。

若い頃は、スレンダーな体型で姿勢も良く、お洒落な服装でサラサラのヘアーをなびかせて颯爽と歩いていた姿も、年齢を重ねるとともに40歳~50歳代になった頃には、体脂肪が溜まったお腹はポッコリと出て、背中は丸まって姿勢が悪くなり、顔も丸くなり、完全な中年体型になって老化してしまうわけです。

ですが、中には、少し離れたところから見てみると、スレンダーで姿勢も良く、まだまだ30歳前後ではないか、という気配を漂わす人もいらっしゃいます。

確かに遺伝的な要因から、20歳代から老けて見えたり、逆に若く見えたりする人もいらっしゃいますが、40歳~50歳代になっても見た目年齢が若く、実際に若々しく元気に活躍している人をよく見かけます。

それでは、このような老化の差は、いったい何なのでしょうか?

理由はいろいろ考えられ多くの要因が挙げられるでしょうが、最も大きく影響されるのが「筋肉」です。

学生時代や20歳代の頃に、いろいろなスポーツにチャレンジして体を鍛え、筋肉ムキムキのマッチョな体でも、その後、これと言った運動をなにもせず過ごしていると、筋肉は徐々に衰え減少してしまいます。

一般的に、人の筋肉は30歳くらいでピークを迎え、その後は徐々に衰えて、40歳~50歳代に達した頃には、さらに、そのスピードはアップしてしまいます。

特に若い頃から運動が苦手で、体を鍛えることが無かった・・・という人は、40歳~50歳代に達した頃は、老化によって本当に少ない筋肉量ということになってしまいます。

実は、この筋肉は、基礎代謝量と深い関係にあります。

そして、「老けこむ人」と「若々しい人」の違いは、この基礎代謝量の差にあるというわけです。

基礎代謝量が高ければ、健康的で太りにく体になり、肌のシワやたるみ、白髪といった老化現象を少しでも遅らせることができて、若々しさを保つことができるようになります。

基礎代謝とは、人が生命を維持するために最低限必要なエネルギー消費のことで、体温を保ち、呼吸をして、血液を循環させたり、内臓を働かせたり、脳が考えたりする時に消費されるエネルギーです。

この基礎代謝量は、10歳代でピークになり、それ以降は基礎代謝の機能が低下して基礎代謝量は徐々に低下していきます。

ですが、体内で最も多く基礎代謝が消費される器官は筋肉になりますので、筋肉量をしっかりと維持できれば基礎代謝量の低下の速度を遅らせることができます。

ようするに、中年になっても、筋力トレーニングで筋肉を鍛えるようにすれば、基礎代謝量をある程度維持できるということです。

筋肉については、50歳を過ぎても遅いということはありませんので、さっそく筋力トレーニングを始めてみましょう。

 

 

老化の影響で肥満化してきたら・・・

 

美の意識が高い人なら尚更ですが、ほとんどの女性が「いつまでも若々しく美しくいたい・・・」と願うのではないでしょうか。

しかし、人間として生きている以上、18歳前後で体の成長が止まり、その後は、ゆっくりと老化が始まり、そして、40歳前後くらいから老化の速度はスピードアップしてしまいます。

すると、肌にハリや潤いがなくなり、シワやシミが目立ち、髪は白いものが混じり、薄くなり、老眼になり、体型も崩れてお腹がポッコリと出て、ちょっと動いただけで息切れするように体力も低下してしまいます。

このように自覚できるさまざまな体の変化の現れが老化現象です。

そんな老化の中でも、体のエネルギー消費能力が低下して肥満化してしまう現象には、命に関わる重病を患う恐れもあるので十分に注意しなければなりません。

肌のハリや潤いが失われ、シワやシミが目立つようになったり、髪が薄くなっても、命が失われるような大問題にまでは行かないと思いますが、老化の影響で体に体脂肪が溜まり、肥満化してしまうと、さまざまな弊害を招くことになります。

例えば、40歳を過ぎて健康診断を受診すると、メタボリックシンドロームと呼ばれる生活習慣病、あるいは、その予備軍と診断される人が徐々に増えてきます。

メタボリックシンドロームとは、内臓に脂肪が蓄積した内臓脂肪型肥満を指し、この肥満が代謝障害を招いて高血圧、高脂血症、脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病などの病気を引き起こすリスクを高めることになります。

ちなみに、数年前に厚生労働省が調査した発表によると、40歳~74歳までの日本国内の全人口のうち、約920万人がメタボリックシンドローム、そして、約980万人がその予備軍として診断されているようです。

こうした肥満化の症状は、老化の影響で体のエネルギー消費能力が低下してしまうという要因がありますが、それよりも、この年代になると全く運動する機会がなくなり、それにもかかわらず、暴飲暴食をするなど、運動不足の生活習慣と食べ過ぎの食スタイルが大きな原因になっています。

40歳を過ぎる頃から、男女とも、いつまでも若々しく見られたい・・・という思いから、肌や髪の状態がとても気になることと思いますが、「ちょっとボッチャリとしてきたかな・・・」と感じてきたら、さっそくダイエットを始めるようにしましょう。

ですが、その前に、今までの生活習慣を見直す必要があります。

いくらダイエットに効果的な運動を始めても、栄養バランスが偏り、不規則な食生活を送っていては何の意味もありません。

毎日、栄養バランスの良い食事を摂り、十分な睡眠時間を確保するなど、規則正しい生活の中で運動を加えることでダイエット効果が現れます。

そして、こうした規則正しい生活習慣は、ダイエット効果だけでなく免疫力が高まって健康的な体の維持、さらに、老化の速度を遅らせて肌や髪などの美容効果にもつながり、アンチエイジングの基本となります。