セラミドの減少が肌を乾燥させる!

 

若い頃は、あまり気にならなかった肌の乾燥が40歳を過ぎた頃から乾燥するようになり、肌に何か変化があったのかな? と考え込んでしまう女性は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

肌が乾燥してしまうと、どうしてもツヤや透明感が失われてしまい、見た目年齢が高くなって老化した印象を与えるので、女性としては大問題です。

このような年齢を重ねるとともに起こる肌の乾燥は、老化などの影響で肌内部の水分量が維持できなくなることが原因です。

そして、この乾燥を引き起こす犯人は、肌内部の表皮という部分の一番外側にある角層に存在するセラミドです。

このセラミドは角質細胞脂質と言われる保湿成分で、水分をがっちりとはさみ込んで角質層の水分量を維持する働きを担い、また、紫外線などの外部刺激や異物の浸入を防ぐバリヤ機能も形成しています。

健康的な肌の角質層には、約20%の水分量が維持されていますが、これよりも水分量が減ると乾燥肌ということになります。

若い頃は、肌内部でセラミドの生成が活発に行われるのですが、40歳を過ぎた頃から、その生産力は徐々に低下して減少し、さらに、ゴシゴシと強過ぎる洗顔やクレンジングによっても失われてしまうので注意が必要です。

こうした原因でセラミドが減少すると、肌内部の水分量が維持できなくなり、肌は乾燥しがちになってしまいます。

その対策としては、不足しているセラミドをスキンケアで補い、潤いを与えて保湿することです。

ですが、中には、洗顔後に化粧水だけをたっぷりと付けて、保湿されていると思い込んでいる人が多いようですが、それは間違いです。

化粧水を付けた直後は潤っているように感じますが、これは一時的なもので、直ぐに化粧水の水分は蒸発してしまいます。

乾燥を防ぐ保湿とは、セラミドを含んだ美容液を使うことです。

現在は、セラミド配合とうたっている化粧品が多く市販されていますが、本当のセラミドが入っていないという商品も少なくありません。

化粧品に含まれているセラミドはいくつかの種類があり、成分表示には、主に、セラミド2、3、10、などと書かれているので、購入する時は、しっかりと成分表示を確認して下さい。

また、セラミドは比較的に高価な化粧品原料になりますので、極端に安いものは、ほんの僅かしか含まれていないこともありえます。

平均的な価格は、量や種類にもよりますが、だいたい3000円以上のものを選ぶと良いかもしれません。

セラミドの他に代表的な保湿成分は、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどがあります。